シンプルライフ途上記

思考も生活もシンプルに、を目指して試行錯誤をしていく記録

コロナ禍に便乗して、美容をサボったことを反省した話 その3 サロン編

 

こんばんは、ケイティです。

今日は先の2回の話の続きです。

コロナ禍に便乗しすぎて美容をサボりまくった私はサロンもハシゴしました、という話です。

 

 過去の記事はこちら ↓ ↓

www.developingsimplelife.com

 

↓ その②とタイトルにありませんが

www.developingsimplelife.com

 

3つのサロン(と総称します)に行きました。

たまたまチケットを頂いたのですが、ちょうど休みの期間と重なって(年に1回長期休暇があります)タイミングがよかったのです。

 

ネイルサロンへGO

以前はジェルネイルを定期的にしていましたが、当時の担当者が遠い店舗に移動されたことをきっかけに縁遠く。色々なサロンにお試ししてことはありますが、なかなか相性のよいネイリストさんと出会えないものです。

今回は期間限定のチケットを頂き、全く初めてのサロンでしたが予約してみました。

ワンカラーでオーダー。

私の中のイメージでは、「マツコ・デラックスさんのグレーネイル」だったのですが、事前リサーチ不足で記憶のままの色味でオーダーすると、微妙に違いました(^^;)

 

f:id:aladdin0102:20201120233703j:plain

もう少しグレーが強かった気が

見ているうちに気に入ってきたので良いのですが、次回するならばリサーチしてマツコネイルを実現したいな~

 

ジェルネイルは爪が均等にツルツルで指もキレイに見えます。

普段のマニキュアをする時間も嫌いではないけれど、何をしてもハゲないところはジェルネイルのメリット!

デメリットといえば、ネックレス類をつけにくくなるところでしょうか。

 

 

 

ケミカルピーリングへGO

美容医療は今まで受けたことがありませんでした。

興味はあったのですが、不安のほうが上で。

今回、なぜ受けてみたかというと、鏡を見た時に確実に老化していると感じたからです。マスクをしていると顔の下半分を常に隠しているので、顔が油断してしまうようです。

 

「これってタルミってヤツ???😰」「ここにシミがぁ」「毛穴が目立つ。。。」とみれば見るほど、自分の顔のアラが見えるのです。今まであえて見ていなかったのかなぁ。。( ̄▽ ̄;)

ケミカルピーリングは美容医療の中でも初心者向けっぽく感じました。

 

ケミカルピーリングとは、薬剤を使用して創傷の治癒に従って皮膚再生を促す施術、術式のこと。美容や、治療を目的とする。酸性の薬剤を皮膚の表面に塗布し、新陳代謝の悪くなった角質層の結合を緩めることで自然に剥がす治療法である。

Wikipediaより引用

 

ダウンタイムも少なくて多少の赤みが残るくらいとのこと。

休み中なので、多少の赤みが残っても家にいるからいいかなと思い予約。

施術されるまでドキドキしましたが、実際に体験すると

大したことなかった!

ピーリング剤を塗ると、顔中に痛みが走ると勝手に思っていましたが、実際には少しチクチクというか炭酸パックのようなシュワシュワ感が少しあったくらいでした。

理想は1カ月に1回の間隔が良いようです。

 

 

背中のオイルマッサージへGO

 休みが終わって仕事に復帰したら、、、予定外のことでバタバタして頭痛が。

今の時期に頭痛って心配が多いですが、熱も平均以下なので風邪などではなさそう。

背中や首が凝っているから頭痛が起こるのかもしれないと思い、急きょサロンを見つけました。その日の夜にいけるところ、で検索して行ったサロン。

初回限定の1か所集中マッサージに惹かれました。

背中をお願いして大正解。

上半身マッパになってうつぶせで待ち、担当者さんが背中に触れると「これは・・・・つらいはずです(´;ω;`)」と言うくらいのゴリゴリな背中だったようです。

30分でしたがオイルでマッサージしまくってくださり、背中がスッキリ、頭痛もクリアになりました。

担当者さんいわく「月1でマッサージを受けたほうがいいですよ~、正直ウチじゃなくてもいいんで!(笑う)」とのことで、受けたほうがいいのは確実なようです。

このサロンはエステサロンが主なので、継続して通うかは微妙なところ。

ですが、アドバイスを聞いて月1でマッサージは行くようにしたいと思いました。

 

一気に美容関連の経験が上がりました(自分比)

大切なのは継続なんですけれどね!

全てを継続するのはちょっと難しいですね(^^;)

お財布と相談で、ときどきご褒美として楽しみたいと思います。

 

本日もお読みいただきありがとうございました<(_ _)>