シンプルライフ途上記

思考も生活もシンプルに、を目指して試行錯誤をしていく記録

STAY HOMEでもメイクをしたくなる心理とは

 

 

 

こんばんは、ケイティです。

39県で緊急事態宣言が解除されました。

東京はまだ解除されていないため、私の職場は交替勤務が続いています。

月途中で解除があれば、その時点から通常勤務に戻るのか今月いっぱい交替勤務なのか、全くわかりません(;・∀・)

途中からいきなりというのも、自分の生活が急に元に戻れるか自信がありません。

 

ただ1つ、いつ生活が元に戻っても困らないのがメイクです!

仕事に行く日は普通にメイクしますが、休みの日もほぼ普通にメイクをしています。

 

最初は、休みならノーメイクでいいかも!と思いました。家にいるだけだし、誰とも会わないし、と。

日焼け止め代わりのBBクリームにパウダー、眉を書いておけば宅配が来ても、スーパーに行くんでも何とかなるかなと思っていました。外出時にはマスクもするから顔下半分は隠れるし、って。

 

けれども、結局ほぼ普通にメイクをしているのです。

普通にメイクと、ほぼ普通にメイクの差は何でしょうか?

 

<普通にメイクの手順>

化粧下地→リキッドファンデーション→パウダー→チーク→アイメイク→マスカラ下地→眉→マスカラ→リップメイク

 

<ほぼ普通にメイクの手順>

BBクリーム→パウダー→チーク→アイメイク→マスカラ下地→眉→マスカラ→リップメイク

 

下地&ファンデーションがBBクリームに変わっただけです。

メイクの順番がファンデーション→チーク、アイメイクと続き、眉が後半になっていることも影響しているのか、休みの日もついついチークへのルーティンの動きへなってしまうというところもあります。

 

順番もありますが、それ以上にメイクをしてしまう理由としては、、、

メイクの手を抜くと鏡を見たときに自分がガッカリする

という点が大きいです。

 

今まで週2日の通常の休みに何も外出の予定がない時に簡単メイクをしている日はありました。それこそ、BBクリーム・パウダー、眉、リップメイクだけ。

 

 

 

 

けれども、ある日。

その簡単メイクの終わった顔を見ると、顔色が悪く見えました。疲れて見えました。(本当に疲れていたのかも)

目もとも、インパクトがなくボヤっとしている感じ。

誰かに見られた時に「疲れてそう」とか思われることがイヤというよりも、鏡を見たときに自分がガッカリすることがイヤです。

 

というわけで、チークとアイメイクをすることで、疲れて見える顔から脱却。

シンプルライフとメイクは相容れないかもしれないけれど、自分が心地よいと思える状態になるために私にはメイクは必要なのでした。

 

本日もお読みいただきありがとうございました<(_ _)>