シンプルライフ途上記

思考も生活もシンプルに、を目指して試行錯誤をしていく記録

実家住まいの断捨離あるある ①収納場所がありすぎ

こんばんは、ケイティです。

 

自己紹介にもあるように、私は実家住まいの40代です。

家が駅から徒歩2分であること、ハハとの二人家族でそのハハも年老いてきたことを 考えると、今から家を出る気持ちになれません(お金がないしもったいないという理由も大きいですが)

おそらく、私の終の棲家となる実家ですがすでに築40年以上たっています。 (途中で引っ越してきたのですが、その辺の事情は複雑なので割愛します)

部屋が変に多い家です。

押し入れも多い家です。

間取りを聞くと豪邸のようです、部屋として区切られている部分を数えると7DK!!

でも、1つ1つの部屋が小さ目なところもあるので豪邸ではありません( ̄▽ ̄;)

部屋が多いとどうなるか?

モノが増えます。

増えても、普段使わない部屋があるのでそこにぶっこんでおけば見えません。

中でも洋服の増殖はとどまるところを知りません。

完全に物置部屋と化している1部屋(6畳間)があり、それ以外にも押し入れ、たんす、クローゼットを合わせると洋服の収納場所は6か所。

和服用のタンスは2棹あります。(こちらはほとんどハハ専用)

 

これまで定期的に洋服の処分をしています。

昨年は全出しからの処分も! なのに、減った気がしないのです。

大半がハハのモノです。

しまっている洋服を出して「捨てるかどうか」を確認してもらった時に 「とりあえず着るかも」 といって保留にした服が山ほどあります。

でも。

その服を着ているところを見たことは一度もありません(´・ω・)

ただ、断捨離の大原則としてよく言われている 「他人(含む家族)のモノは勝手に捨てない」

この原則に従うと本人が捨てようとしない限り、捨てることは出来ません。

ハハ自身は「早く片づけたい」と言っているのに、洋服をいざ見るとよほどのことがない限り捨てません。

おそらく、もったいない病です。

  • 買った時に高かった
  • あまり着ていない
  • まだ入る

この3点がそろうと捨てられないようです。

ただ「まだ着られる」という時に試着はしていません。

実際に着てみたら、「ちょっと無理」ってなるかもしれないのに。

先月、冬物を宅配クリーニングに出しました。

戻ってきたコート類をしまおうとしたら。。。

しまう場所がありません。

考えてみれば、昨シーズンもしまう場所がなく物置部屋の角に物干しをかけてそこに吊り下げていました。

今年もこのままではそうなること必至です。 物置部屋が混沌としているため、何かを出そうとすると非常に手間です。 災害があったときにこの部屋から何かを出すことは不可能でしょう。

 

今年になってから近所で火事があり色々考えました。

例えば近隣の火事が延焼で避難が必要な場合や、我が家が火事になったとき、避難しようと思った時にこの部屋から逃げることは無理だなと思いました。

もう少し災害時にも安全に逃げられるような家にしたい、と思いました!(切実…)

冬の間は寒くて物置部屋の断捨離が全く進んでいませんでしたが、そろそろ活動開始をしたいです。

衣替えのタイミングで洋服の断捨離を行うつもりです。

ハハも家にいる明日(もう今日)がチャンスではないかと狙っています!

------------------------------------------------------------------

今日もお読みいただきありがとうございました。