シンプルライフ途上記

思考も生活もシンプルに、を目指して試行錯誤をしていく記録

やめてみたけど、大丈夫だったこと

今週は東京も暑くなりました!

暑すぎて夜もエアコンをつけてしまい、起きたときに少しだるさを感じます。

でも風もない熱帯夜にエアコンつけずに過ごす方が体に悪そうです。

さて。

今回やめてみたけど、大丈夫だったことは。。。

 

雑誌の購入です。

今まで、たくさん雑誌を買ってきました。

私が大学に入ったころは、JJやCamcan、Rayといった大学生・OL向け雑誌がとても流行っていて発売日に雑誌をもってキャンパスを歩いている人多数でした。

いま考えると、この雑誌たちめっちゃ重いんですけどね!!

そんなころから、毎月何冊かは雑誌を購入していましたが、社会人になり仕事が忙しくなると雑誌を買っても読まなくなってしまう。

なかには、最近はやりの付録につられて雑誌を買ったものの全く読まないで放置されている雑誌もありました。

ここ数年は1冊の雑誌だけに落ち着いていたのですが、その1冊も買うのをやめてみました。

1度読んでから読み直すことはほとんどなく、半年に1度くらい雑誌をまとめて捨てるのみ。

今年の4月にいつもの雑誌の発売日が近づいたときに、ふと思ったんです。

1回読んで捨てるだけなのに、毎月買っている意味ある??って。

私がずっと買っていた雑誌は,海外セレブの生活などのゴシップネタ盛りだくさんな雑誌 (ここまで書いたらばれるか)でした。

創刊号からずっと買っていました。 海外セレブの間ではやっているというスムージーを知ったのもこの雑誌で、それから6年朝のスムージーは完全い習慣化しています。

そんな気に入っている雑誌だったのですが、 「買うのやめたらどうなるんだろう」 とふと思ってしまったのです。

そして、実際に買うのをやめてみました。

そして・・・ 全然寂しくない!

いつのころからか、義務感のように買い続けるようになっただけ。

なければないで、困らない。

そうわかったときに「習慣というものはオソロシイ」 と実感しました。

読みたい気持ちもあったけど、無いと困るわけではありませんでした。

当たり前の習慣となっていることも少し変化を加えたら、自分の気持ちがわかるのかもしれません。

またもし読みたいと思う記事があった場合には買うかもしれませんが、そもそも広告も出していない雑誌なので、自分から手に取らないと記事内容はわからない。

ということは、手に取らなければこの雑誌に この雑誌のおかげで、ナッツの良さを知ったり日本で流行りだす前のスーパーフードを試すことができました(^^♪

 

------------------------------------------------------------------

今日もお読みいただきありがとうございました。