シンプルライフ途上記

思考も生活もシンプルに、を目指して試行錯誤をしていく記録

どんなに高くっても、時がたてば二束三文になっていく

先月末に衣替えをすすめました→衣替えをしているのに、冬に戻っているこの気候 - シンプルライフ途上記

 

その際に、ブランディアさんに買取を申し込んだ洋服たち(もう年齢的に着れないデザインだけどお高かったのでそのまま取っていたもの)がありました。

〇マトさんに引き取りに来てもらい、査定のメールが届いていたのですが・・

査定結果が。。。 今までにないくらいの低い金額でした。。。

えーーー??こんなに安いの?って驚くくらい。

今までの買取依頼で、ここまで低いものは無かったというくらい。

 

でも、これが現実なんでしょう。

そう悟るよいきっかけとなりました。 商品価値(お店として販売するための)はもう無いってことですね。

今回はお手間をかけてしまうけれど、全部返却手続きを取りました。

(申し訳ないことに、返却も無料なんですよ。ブランディアさん。感謝感謝です)

返却されてきたら、どうしようか。 吟味して、メルカリに出すものとサヨナラするものと仕訳します。

高かったから、という理由で捨てられないものは、きっとこれ以外にも存在します。

私の場合、それなりに着ているので、もとは取れているかもしれません。

でも、高かったものも一度購入されたら、その瞬間から中古品という現実。

私は、ここをきちんと意識していなかったのでしょう。

 

ショックはショックでしたが(捕らぬ狸の皮算用していましたし・・)、今回の件をはずみにして使っていないもの、着ていないものを処分していく気持ちになりました!

 

------------------------------------------------------------------

今日もお読みいただきありがとうございました。