シンプルライフ途上記

思考も生活もシンプルに、を目指して試行錯誤をしていく記録

つぶやき

サボりすぎました

こんにちは、ケイティです。
もう辞めた?というくらい間が空いています。

新しい部署で四苦八苦して気づけばこんな季節になっていました。

とは言え、いちおうなんとか元気にやっています。

お買い物もそれなりに。
また少しずつ記録していこうと思います。

⬇︎1番のヒット、ヨギボー

IMG_0054


サボった3月

こんばんは、ケイティです。
3月は全くブログを書くことができませんでした。

いつもの「買ってよかったもの」さえも書けなかったのは、2月にあまり買い物をしなかったからです。1月に色々買い物をしたので控えていたのと、仕事のことで色々と。

結果として4月から別の部署に異動になることが決まり、その準備でバタバタ。
今までは午後からの勤務で朝がゆっくりできていたのが、これからは9時からのお仕事になったので、生活リズムを変えることが必要です。

出来るだけ効率よく出勤までの準備を行うために、色々工夫を考えているところです。
3月はそのために買ったものもいくつかあるので、実際に使ってみて「買ってよかったもの」としてお伝えできるといいなぁと(^^♪

4月もゆるゆるっとですが、よろしくお願いします。
本日もお読みいただきありがとうございました

〇〇の乱れは・・・・

こんばんは、ケイティです。

 

昔、学校で言われませんでしたか?

「服装の乱れは心の乱れ!」って

私が通った高校は校則が厳しくて、朝の登校時に生活指導の先生が服装チェックをしていました。もし校則違反をしているとそこでストップ。

今はもうこういう習慣?はないのでしょうか?

 

高校生の時は、そういわれても反発がありました。

でも今思うと、少しわかるかも、という気になります。

 

制服や服装の規定があるわけではないから、服装が乱れる、ということは早々ないけれど、

部屋の乱れは心の乱れ

これは私にとっては確かだと思います。

 

今でこそ、床にものを置かないようにしていますが、

以前は、獣みちのような細い通路がかろうじてあるくらい床にもファイルボックスなどを置いていました。

数年前の自分の部屋とは大違いの今ですが、

仕事から帰った後にすぐに片付けないまま、寝る時間になると

「脱いだ服(洗濯するもの以外)」

「中身が入ったままのカバン」

が、そのまま床に放置されます。

郵便物も机の上に放置されることも。

 

そういう時は、確かに心に余裕がありません。

仕事だったり、プライベートだったりマチマチな理由。

週の始めにこれが起きると、休みになるまで常にこの状態。

寝る前に「ああ、部屋が乱れている」と思うんですけどね。

そこで、寝る前にちゃちゃっと片付けられる人がうらやましい。

私は、あああーと思いつつ眠りに落ちてしまいます。

 

週の後半(だいたい休みの前日)に「やっぱり片付けよ!」となって、

カバンから中身を出して、カバンをしまい、

洋服はあるべき場所に戻し、

郵便物を整理する

やってみれば、10分以内に終わることです。

その余裕がなくなっているんだろうなぁと。

来週はちゃんとしよ、って思いながら。

 

朝起きてベッドを整えるのも、3分もあれば余裕なのに

これを出来ないまま出勤して、夜寝るときにガッカリ

 

10月は仕事が忙しかったのと、語学アプリで忙しかったので、部屋の乱れが多かったと思います。

11月はもう少し心に余裕をもって、部屋を乱さぬようにしていきたいものです。

 

本日もお読みいただきありがとうございました<(_ _)>

 

ミニマリスト本への考えの変化

 

こんばんは、ケイティです。

あっという間に8月も終わりますね。

って同じことばかり書いています。

 

暑さでなかなか片付けも進まず、「涼しくなったらやろう」となっているところが増えていく最近です。

実際の片づけをしない分?、図書館で何冊かミニマリスト系の方の本を借りました。

中には、2度目の本も。

 

以前読んだときは、ミニマリストやシンプリストの考えに影響を受けだしたころで、

「なるほど!」

「これやってみよう」

「じゃあ捨てよう」

と本から刺激を受けた部分が多かったです。

ガチで部屋をがらーんにしてみたいと思ったことも。

 

けれど。

ガシガシ捨てる時期を経て、

捨てない家族との衝突を重ね、

比較的おちついた今になると、

読んだ時の感想が少し違いました。

 

「ウチではこれは難しいな」

「こう応用したらウチでも出来そう」

 

自分にあてはめられること、あてはめられないことの区別がつくようになって来ました。(それが当たり前といえばそうなんだけど)

 

カリスマ的なミニマリストさんのいうことは正しい!みたいな思い込みから

人の数だけ片付けの正解があるんだろうなって、冷静になってきた感じです。

そもそも、本を出したミニマリストさんだって

自分の方法がすべてなんてことは言っておらず、あくまで「その人のやったこと、やっていること」を語っていられるだけなんですよね。

読んだ人の勝手な解釈だけで(-_-;)

 

これからもミニマリスト系の本は読むでしょう。

少しでも自分の生活が楽になるヒントを得られればうれしいです。

 

本日もお読みいただきありがとうございました<(_ _)>

 

慣れない人は地獄を見るアレ

 

こんばんは、ケイティです。

 

6月でひとまず会社の新型コロナ対策の勤務体制が終了します。

これまで約3カ月は週休3-4日でしたが、いつもの週休2日へ。

今日は最後の休暇(新型コロナ対策での)でした。

 

この3か月間、何をしていたか。。。

家の中が劇的にがらーんとしたわけでもありません。

けれど、掃除をする日が増えました。

時間の余裕があると出来ることは増えるのだと実感。

 

この時間の余裕から、とあることに挑戦しました。

それは、、、

 

昼寝です

 

大人になってからの今までの生活を振り返ると昼寝をすることって、ほとんどありませんでした。

長いこと昼寝をしたいという目標をもっていたのです。

会社の人が休みの日に昼寝して過ごしたと聞くとうらやましかったんですよね。

昼寝なんて簡単じゃん、寝るだけでしょ?と思われるかもしれませんが、難しいんですよ!

例えば、休みの日に朝起きてから「今日は昼寝したいなー」と思うとします。

そんな時にまずは昼寝までに「やっておくこと」をすべてやっておこうと全力で動きます。落ち着いて寝たいですから。

なので、何か予定がある日はNGです。

ラソン大会が近いと練習も増えるので、これも予定に入ります。

そうすると休みの日はだいたいがNGになるのです(^^;)

何も予定のない貴重な日。

家事を全力で終わらせて、「さあ昼寝!」と寝ます。

2時間くらい爆睡。起きた時にスッキリしていて昼寝してヨカッタ!と思います。

 

 

ところが!!

 

夜に眠れないのです!(ノД`)・゜・。

眠いと思いつつも、意識が眠りに落ちていかない。。。

昼間に2時間寝てしまうと夜も2時間眠れなくなるということが判明しました・・・・

 

我が家のハハは普段から昼寝をしているのですが、ハハ曰く

「慣れない人が昼寝をすると夜眠れなくなるのは昼寝界の常識」だそうです。(そんな世界があるの・・・?)

 

この3か月に2-3回昼寝をして毎回地獄を見ました。

なので、それ以来昼寝はしていません。

時々すごい睡魔が襲ってくることがありますが耐えています。

 

それでも、いつか昼寝を気軽に出来るような昼寝マスターになりたい気持ちも捨てきれません。

 

本日もお読みいただきありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ
スポンサーリンク
アーカイブ
  • ライブドアブログ